第4回人材育成講座開催しました

平成23年度の最後となります人材育成講座の第4回目を開催しました。

平成24年2月15日(水)10時~12時

さいたま市学童保育連絡協議会役員 大工原潤氏を講師に招き15名の参加者が

ありました。

今回は「おもわず手が出る!チラシづくり」と題し、チラシづくりの第2段を開催致しました。

前回のキャッチコピー、ボディコピーを終え、デザイン編の勉強です。どんなチラシが

目にとまるのか?手に取ってもらえるのか?そのノウハウを教わりました。

講座に出られなかった方のため、重要な部分のさわりの部分をお伝えします。

◆字体は2種類のみ

 明朝体とゴシック体のみを使用し、ポップ調等は1カ所だけに止める。

◆フォントの大きさ

 一番小さくても9ポイントまで、9~12ポイントで一番小さな文字(本文)の部分を作る。

 目立たせたい大きな文字は思いっきり大きく。

◆行間、字間、余白

 MSとMSPの違いを注意する。入力してから見やすく揃える。

◆揃える

 特に一番下(底)を揃える。縦のライン、横のライン、斜めのライン、番号(タブを利用)

◆構図

 左右対称、左右不対称、三角形、逆三角形等

◆イラスト

 デザインの異なるイラストは並べない。下手なイラストを入れるよりは余白の方がGOOD!

◆高級感と親しみ(バーゲン等)

 余白が多いと高級感が生まれ、目いっぱい詰め込むと安売り感が出る。

 以上、くっきり、すっきり、ドッキリを踏まえて作成することです。

投稿日:2012月02月17日
最終更新日:2012月05月11日

前に戻る